Blog&column
ブログ・コラム

お墓が遠方にある場合の管理方法

query_builder 2022/05/26
コラム
7

多くの人にとって、自分のご先祖様のお墓が近くにあるとは限りません。
生まれ育った土地から遠方に引っ越して、生活基盤を整えている方も多くいらっしゃるでしょう。
そのような時、お墓の管理はどうすればいいのでしょうか?
今回は、お墓が遠方にある場合の管理方法についてお話します。

▼お墓が遠方にある場合はどう管理する?
お墓が遠方にある場合、清掃やお供えなどのために、その都度帰省するのはとても大変なことです。
頻繁に帰省できない場合、清掃やお供えなどの管理をどうやって行うのか考えてみましょう。

■お寺・親戚にお願いする
本来、お寺や霊園が管理するのは、墓地の共有部分だけです。
しかし、繋がりの深いお寺・霊園にお墓がある場合は、個人の墓地の管理をお願いしてみてもいいでしょう。
また、近くにご家族・ご親戚がいる場合は、話し合って一緒に管理を行うのも一つの手段です。

■業者に任せる
最近では、お墓の管理やお墓参りの代行サービスを行っている業者があります。
プランによって異なりますが、除草・清掃・献花・焼香など、お墓参りの一連の流れを代行してくれます。
大切なご先祖様のお墓の管理を任せるのですから、信頼できる業者を探しましょう。
代行業者のスタッフとお話しする際は、宗派やしきたりなど、細かい要望も伝えておくと良いですよ。

■お墓を引っ越す・永代供養墓に納骨する
今後の居住地が決定している場合は、家から近い場所にお墓を引っ越すこともできます。
お墓を引っ越すことを、「改葬」といいます。

費用と手間はかかりますが、居住地と近い場所にお墓があると管理がしやすく、安心感を得られるでしょう。
また、墓じまいをして、永代供養墓に納骨される方もいらっしゃいます。
永代供養墓については、人によっては好まれない場合もあるので、ご家族・ご親戚とよく相談しましょう。

▼まとめ
お墓が自宅から遠方にある場合の管理は、お寺・親戚にお願いする方法や、代行業者に任せる方法があります。
どちらも、お互いの同意や、ご家族・ご親戚の方との相談が大切です。

特に、お寺や親戚にお願いする場合は、相手に負担をかけすぎないよう話し合っておきましょう。
また、自宅近くへの改葬や、永代供養に納骨する方法もあります。
お墓は代々続いていくものなので、こちらもご家族・ご親戚の方と相談の上、決定することが大切です。

NEW

  • 石碑の種類について

    query_builder 2022/08/01
  • 終活とは?お墓を準備するメリットについて

    query_builder 2022/07/22
  • お墓の外柵の役割とは?設置費用について

    query_builder 2022/07/15
  • 石テーブル用の素材(石材)の種類とは

    query_builder 2022/07/08

CATEGORY

ARCHIVE